IT資格試験の受験予定者必見!
私の過去8年間に及ぶ体験を基に、主に次の内容について紹介していきます。
コンピュータ関連やit関連の資格試験について、今後必要となる基礎知識やスキルとしては、受験環境、人材教育、情報工学、インターネット、コンピュータ、法律、業務知識、ビジネス関連、などがあげれらます。
本サイトでは、上記についても、資格試験の受験を通じて、私の体験記として書き綴っています。
また、受験する資格や認定試験の試験科目を選択する際に、難易度、日程、合格発表などの事前確認事項の説明や、国家資格試験とベンダー資格試験との試験形式や認知度の違いや、さらに、例えば、oracle資格の無料でできる試験対策など、効果的な勉強法についても説明しています。
本、雑誌による勉強法だけでなく、合格するための最新版の試験情報の問題集の入手方法についても説明していきます。
究極のところでは、キャリアアッププランと、受験する資格試験との対応関係についても説明していきます。

試験の配点、時間配分など(今回の受験の感想)


スポンサードリンク


これは、試験対策本にも書かれているかと思いますが、
一応、簡単に紹介しておきます。

合格確定ライン
午前問題:約70%、午後T問題:約65%、午後U問題:約65%

上記の正解率だとほぼ確実に合格であろうということです。

次に、採点順についてですが、
選択回答式の午前問題がまず最初に採点されるということです。

ここで、合格ラインから大幅にはなれ、不合格と判定された人は、
後の午後問題の採点から除外されるということらしいです。
(これも、私が購入した問題集の本に書いてありました。)

↑なので、試験後に実感したのですが、
いくら午後の問題でしっかり書き込んで回答できても、
午前問題で、一定数以上正解して合格圏内に入っていないと、
午後問題を一切見てもらえないということです!


私も今回受験した区分の午前問題の回答を、
情報処理技術者試験センターのHPからダウンロードし、
自己採点を行いました。

結果は、・・・

合格確定ラインには少し至らず、合否が微妙になってきました。

合格発表は12月下旬にあるようですが、
今回の受験では、模擬テストを1,2回しかできなかったのが、
今になって後悔しています。

次回、資格試験を受験する際は、過去問題の模擬試験
実際に時間を計って行い、合格点が取れることを確認して、
十分に自信を高めてから本番試験にのぞめるようにしたいと思います。

試験受験時の注意事項など


スポンサードリンク


私が今回「情報セキュリティ・アドミニストレータ
を受験した際に、新たに気づいた点と、
試験対策本などにも書かれている基本的な内容について、
受験時の注意点をまとめたいと思います。

まず、本などに書かれている基本的な注意点は、
次のとおりです。

・試験会場への交通手段及び電車での順路、乗換え駅及び所要時間を
確認しておく。

試験開始時刻の30分ぐらい前までに試験会場に到着するように、
十分余裕を持って出発する。

・筆記用具は、万一のために必ず、消しゴムとシャーペン(えんぴつ)を2つずつ用意しておく。


今回の受験で新たに気づいた点。

・受験本番前に、必ず、過去問題の模擬試験を時間を計りながら行い、
自己採点をして、合格点に達しているかどうか
理解度はどのくらいかを確認し、合格点に達するまで何回か実施し、
本番での合格の自信を高めておく。
(合格点については、次回の記事でお話します。)

今回受験する情報処理技術者試験の学習で、進捗が遅れた場合の対処に ついて


スポンサードリンク


試験勉強期間中にありがちなのが、予定よりも進捗が遅れた場合です。

このような場合、モチベーションを維持するのが困難になり、
人によっては、やる気をなくしてしまう場合もあります。

そこで、このような場合でも、モチベーションをもとに戻しながら、
遅れを少しずつ取り戻す方法について、説明していきます。

まず遅れに気づき、かつ遅れを取り戻す時間が作れない場合には、
思い切ってスケジュールの見直しをします。

例えば、平日分の遅れを休日(主に土日・祝日など)で取り戻せるかどうかを
検討します。

もし、休日でも遅れを取り戻せない場合は、
次の2つのうち、どちらかの方法でスケジュール変更をします。

(1)予定していた問題数を一部けずる。

(2)問題の解き方を変更し、問題を読んで、全体像を把握したら、
すぐに解説を読んで、出題の意図や、問題のパターンごとに、
考え方を理解し、記憶する。

(1)については、主に午前の問題集で、問題数が多い場合、
例えば、奇数か偶数の問題のみ実施する(1つとばしで行う)
というやりかたがあります。

次に(2)については、主に午後の問題集で、できるだけ数多く出題のパターンを覚え、パターンごとの考え方をマスターしたい場合に有効です。

ここで、(2)のやり方のデメリットとしては、
暗記中心になってしまうと、出題の傾向が変わってしまうと、
自分の頭で考えて、一般論として答えをまとめるような問題にあたった場合、
練習不足になってしまうことです。

そこで、(2)のやり方を行う場合、一通り問題を読んだら、
5分間でも自分なりに問題点や解決策など、回答について、
考えてみる、ということで対処していけばよいと思います。

では、情報処理技術者試験を受験する予定のある方は、
本番まで、悔いの残らないよう、がんばりましょう!

では、次回は、試験実施後にまた報告します。

今回受験する情報処理技術者試験の学習計画・勉強法及び進捗状況について


スポンサードリンク


今回は、前回に続き、学習計画、勉強法及び進捗状況などについて、
報告・説明します。

学習計画については、EXCELで、8月末から9月及び10月の試験当日までについて、カレンダー形式の計画表を作成しました。

書いてある学習内容は、あまり細かく記入せず、
午前、午後T、午後Uと、学習、問題演習、過去問題による模擬テストなど、
日ごとに大まかに記入しておきます。

学習内容の配置については、次のとおりです。

平日の夜:
・午後の問題を1,2問解く。
・午前の問題を10問解く。

上記については、1週間おきに午後T⇒午前U⇒午前を入れ替える。

休日:
・平日の学習で、間違えた箇所や不明な箇所について、
 調べて内容を覚え、理解する。
・基本的には、平日の夜と同様だが、
 時間が十分取れれば、過去の本番問題を時間を計りながら解く。


次にこれを印刷して、部屋の目の届く場所においておきます。
そして、毎日、帰宅後や休日に計画通り進んでいるかをチェックするのです。


次に勉強法についてですが、前回と同様に、
次のように、書籍やインターネットによるシンプルな方法にしました。

午前の学習:
前回(テクニカルエンジニア(情報セキュリティ))の時に購入した、
共通の午前問題集を使って、該当するカテゴリの問題を解いていく。

午後T、午後Uの学習:
今回は、受験する試験科目用に、問題集の本を購入しました。

試験範囲の学習については、前回受験したときのメモなどを利用して、
必要な箇所だけ再学習する予定です。

まず最初に、今回受験する、「情報セキュリティ・アドミニストレーター」で、
新たに学習する必要のある内容について、専門用語を中心に、
インターネットで調べました。

本試験区分では、前回受験した試験区分と比較して、
経営や(システム)監査の内容も試験範囲に含まれているので、
それらの用語を調べる必要がありました。

特に経営については、財務関連の勉強になりました。


次に、前回勉強した内容をどれだけ覚えているか、理解しているかを
把握するために、過去の(平成18年度)の試験問題を実施することにしました。

まずは、午前中の問題をやりました。
過去の本番試験問題については、情報処理技術者試験のホームページに
問題と回答のPDFファイルがダウンロードできます。


そして、早速、午前中の問題を時間を計りながらやってみましたが、
結果は、50%程度しか正解できませんでした。

間違えた箇所や自信がなかった箇所について、
答えを見ながら考えました。

次回は、午後の問題を実施する予定です。

前回受験した情報処理技術者試験の結果報告と今回の受験科目について


スポンサードリンク


おひさしぶりです。

早速本題に入りますが、だいぶ前になってしまいますが、
前回受験した、「テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)」
の受験結果をインターネット上の合格発表のページで確認した結果、
残念ながら自分の受験番号がありませんでした。(--;)

やはり、原因としては、学習期間が1ヵ月半と不十分だったことと、
それによる、専門知識の理解不足、
及び、記述形式による問題での読解力、文章説明の表現の不足が
あげられると思っています。


コレに懲りずに、実は、今回実施10月にされる、
平成19年度秋期の情報処理技術者試験も、
インターネットで申しこんでしまった。

なぜ、”しまった”という表現にしたかというと、
申し込んだのが、8月下旬になってしまったからだ。

つまり、それまで受験の決断を先延ばしにしてしまっていた。

また試験日までの学習期間が1ヶ月半となってしまった。
(本来なら、最低3ヶ月はほしいところだった。)

そして、選択した試験区分は、「情報セキュリティ・アドミニストレータ」
である。

なぜこの区分にしたかというと、前回受験した区分と、
試験問題の内容や傾向が類似しているものが多いからです。

つまり、前回の試験で学習した内容がほぼそのまま生かせる、
と判断しました。

さらに、今回試験勉強をすることで、万が一、今回も不合格の場合でも
専門知識の蓄積ができると判断しました。

上記で、受験の決断を先延ばしにした理由は、
もう少し、難易度の低い、
(ソフトウェア開発技術者や初級アドミニストレータなどの)
試験区分に変更しようかとも考えたからである。


ということで、今回の学習計画・勉強法や、進捗状況については、
できるだけ近日中には、方向する予定です。

参考にしたい方は、乞うご期待!

受験する方は、一緒にがんばりましょう!

『情報処理技術者試験の利点・勉強法についての再考』


スポンサードリンク


はじめに断っておきますが、
私は、資格試験の受験や取得を
特に趣味としているわけではありません。

早速本題に入りますが、
先日、平成19年度春季情報処理技術者試験
問題冊子・配点割合・解答例・採点講評が
サイトで公開されました。

合格発表は、下記URLのサイトにて日程が決まっています。
http://www.jitec.jp/1_00topic/topic_20070415_schedule.html

国家資格の情報処理技術者試験の良いところの一つは、
IT技術の基礎知識を幅広く習得できるところ
だと思います。

ベンダーの資格試験と違って、
実際の業務には直接役に立つことは少ないかもしれませんが、
背景となる基礎知識は、長年業務を遂行していく上で必要だと思います。

私は、システム開発関係の仕事に従事していますが、
ここ数年は、インターネット技術を利用したシステム
(専門的にはイントラネットのWebシステムという)
の案件が非常に増えており、
というか、当たり前になっています。

今後は、インターネット技術の基礎知識は
必須のものとなると思います。

また、コンピュータ技術の基礎知識を習得するには、
専門書を購入して読むというのもよいですが、
情報処理技術者試験の「基本情報技術者」などの
過去の問題を解いてみるのも、
知識習得の確認としては、よいと思います。

次のページで無料でダウンロードできますよ。

過去問題の掲載ページ:
「情報処理技術者試験センター
JITECトップ>出題範囲・スキル標準・パンフレット・過去問題 など」
http://www.jitec.jp/1_04hanni_sukiru/_index_hani_sukil.html

過去に、このサイトで勉強法について簡単に説明しましたが、
私以外の方の受験体験記を閲覧するのも参考になると思います。

下記の体験記や、検索サイトで「資格試験 体験記」などの
キーワードで検索してみるとよいでしょう。

「情報処理技術者試験センター > 受験体験記」
http://www.jitec.jp/1_03taikenki/_index_taikenki.html


上記の「情報処理技術者試験センター > 受験体験記」を読んで、
勉強法について改めて感じたことは、

● 試験までの勉強期間は、人によってまちまちであること。
(2,3ヶ月〜1年間)

● 市販の問題集や参考書だけでなく、
試験範囲に関連する専門書籍や専門雑誌を読んで学習するのも
効果的であること。

● 勉強法や勉強の期間によっては、
難易度の高い試験区分でも、1回目の試験で合格することが
十分可能
であること。

以上の点でした。

今度、情報処理技術者試験を受けるときには、
上記の勉強法等を参考にして、十分勉強した後、
できる限り1回目の受験で合格できるようにしたいと思いました。

では。

『転職・就職に有利なIT資格試験とは?』


スポンサードリンク


こんにちは。お久しぶりです。

書くネタは見つかっていたんですが、
体調不良や筆不精(?)などで、ご無沙汰してました。(^^;)

不定期ではありますが、今後は最低でも週2,3回は、
更新する予定です。

お役に立ちそうでしたら、今後もよろしくお願いします。


それでは、本題に入ります。


『転職・就職に有利なIT資格試験とは?』についてですが、

総合的な結論から先に言うと、
これは、就職・転職の時期・年齢、就職したい会社や職種によって異なります。

つまり、一概にこの資格が有利だとか、というのは言えません。

それでは、まず、就転職の時期・年齢について、私の考えを述べます。

新卒で就職の場合:

結論を言うと、新卒で就職の場合、種類に関係なく、IT資格を1つでも持っていると、
面接官の印象が違うということです。

どんな資格が良いかと言えば、やはり国家資格の情報処理技術者試験でしょう。
具体的には、「基本情報処理技術者」が一番一般的でしょう。
余裕があれば、「ソフトウェア開発技術者」を取得しておけば、
必ずどこかのIT企業へは就職できると思います。

新卒の場合、そのくらい効果があるということです。

なぜかというと、当たり前かもしれませんが、
新卒の場合は、業務経験が全くない人がほとんどです。

そこで、IT資格、特に希望の職種に関連のある資格を1つでも持っていると有利といえると思います。

新卒の場合は、学歴・学校で学んだ内容、人物を重視するといいますが、
ライバルが同じような人物の場合、やはり1つでも資格を持っていると、
差をつけられて有利にはたらくと思います。


第二新卒で転職等の場合:

結論から言うと、前職での実務や、転職希望先の希望職種にマッチした資格を
1つでも取得しておいた方が有利です。

具体的にどんな資格がよいかと言うと、国家資格よりは、どちらかというと
前職の実務に関連したベンダーの資格を1つでも取得しておけば効果があると思います。

データベースならオラクル社のOracle、IBMのDB2、
MicrosoftのMCP、MCA などです。

プログラミング系では、SunのJava関連の資格や、
MicrosoftのMCPなどです。

第二新卒の場合、業務経験の年数も2,3年と浅いため、
業務経験が重視されることは、少ないと思います。

年齢が若い(25歳前後まで)場合は、特に業務経歴よりも、
やる気や人柄などの人物が重視されると思います。

しかし、ここでも、前職での実務や、転職希望先の希望職種にマッチした資格を
1つでも取得しておいた方が有利なことは確かだと思います。


20代後半から30代以降の転職の場合:

結論から先に言うと、

今までの実務経験に関連のあるベンダー資格や国家資格を
できれば2,3個、いずれも、ある程度レベルの高いものを
持っている方が、効果が高いと思います。

特に、30代でプロジェクト管理者をめざす人にとっては、
当然かもしれませんが、それに関する資格を持っていると
それなりに効果はあると思います。


20代後半を過ぎると、ほぼ資格よりも
実務経験や人物の方が重要視されます。

これは、私の転職経験から実証ずみです。

しかも、30代を過ぎてからの転職は、実務経験が、
それなりに厳しく問われる場合が多いのです。

しかし、ここでも、前職での実務や、転職希望先の希望職種に関連した資格を
1つでも取得しておいた方が有利なことは確かだと思います。

なぜかというと、ここ数年、転職者の数は増加傾向にあり、
同じような実務経験を持ったライバルが大勢いる可能性が高いのです。

そこで、応募者多数で、自分と同様のスキルや業務経験を持ったライバルとが競合した場合、
最終的には、人物や資格などで選別するという場合が多いと思います。


中には、30代を過ぎてからのIT資格、あるいはIT資格そのものは、
全く当てにならない、役に立たない、と言う人がいますが、
そういう人に限って、資格を全く持っていなかったりする場合が多いのです。
(これは、私の15年間の経験上から言える事です。)


次に、就職したい会社や職種に対して効果のある資格はあるのか、
ということですが、
これは、具体的には、希望先の会社や部署が、OracleやIBM、Microsoftのような
ベンダーの場合や、ベンダーに関連の深い会社の場合は、
当然ながら、関連するベンダー資格を複数個取得しておいた方が
効果があります。

最後に補足ですが、転職を希望している会社が外資系の場合、
英検(2級以上)の取得や、TOEICの高得点を保持は、
それなりに効果があることは、言うまでもないと思います。

それは、海外の部署にいる社員と英語でコミュニケーションをとる機会が多いと思われるからです。

ちなみに、私は、英検2級を持っていますが、
今まで外資系の会社で働いたことがないので、
ほとんど生かしきれていませんが・・・。(^^;)

それでは、お互いがんばりましょう!

『受験するIT資格試験の選び方について』


スポンサードリンク


お久しぶりです。

今回は、奮闘記の内容ではなく、
受験するIT資格試験の選び方について、簡単に持論を述べてみたいと思います。

どちらかというと、IT資格をほとんど受験したことがない方、
今年社会人になったばかりで、どんな科目を受験したらよいか、
絞りきれない、という方にとって役に立つと思っています。


まず、最低限、次の点に注意すればいいのではないかと思います。

(a) 検討している試験科目が、現在所属している部署の業務に密着しているか、又は何らかの関係があるか。

(b) 検討している試験科目の難易度が、自分のスキルレベルに合っているか。

(c) 検討している試験科目が、自分の今後のキャリア・プランや目標に沿ったものであるか?


上記について、(a)については、基本的なことなのですが、
案外業務にまったく関係のないものを取得して、お金と時間を浪費して、
社内からは、ほとんど評価されない、という結果になった人を何人か知っています。

(b)については、試験科目の難易度が自分のレベルより簡単な場合は、問題ないのですが、
明らかに自分のスキルレベルより、難易度が高い場合は、かなりの学習期間を必要とするため、
学習のモチベーションを維持するのが大変になります。

また、何回も受験しないと合格できない場合が多いので、
(c)のように、明確な目標・目的意識を持って、試験勉強を持続していかないと、
途中で、あきらめてしまうことになり、資格取得に対する意欲もうせてしまい勝ちになります。

最後に、上記3つのうち、最も判断が難しいのが(c)で、
まず、自分のスキル、職種及び業務等に応じて、
中期的な目標、キャリア・プランを自分で立てていくということが、
受験科目を選択する上で、最も大切だと思います。

これは、IT資格だけでなく、どの資格でもいえることだと思います。

例えば、自分が開発系のスキルを向上させたいのか、
又は、運用・管理系、又はインフラ系(ハードウェア系)のスキルを向上させたいのか、
によっても、資格の種類や試験科目もかなり違ってきます。

キャリアプランがある程度定まっていないと、
いろいろな資格を持っているが、スキルに専門性や深みがない、
ということになってしまいがちになります。


最後に、余談ですが、会社によっては、資格取得時に一時金が出たり、
給与に資格手当て等が出る場合もありますが、
これらの金額で、試験科目を選ぶのは、ナンセンスというか、
あまりお勧めできませんね。(^^;)

ではでは。(^_^)/~~

某情報処理国家試験の受験奮闘記


スポンサードリンク


先日は、2,3年ぶりに某情報処理の試験を受けました。
とりあえず殆ど解答欄を埋めましたが、結果はどうか・・・。


今回は、直近に受験した春の某情報処理国家試験受験までの奮闘ぶりを
書き綴ってみます。


受験日は、2007年4月15日(日)でした。

試験勉強の開始日は、確か2007年2月下旬でした。


私がどうやって勉強したかというと・・・。

ここからが読者の皆さんが最も興味あるところだと思います。

が、実を言うと、何も特別なことはやってません。
誰もがやっていそうなシンプルな勉強法です。


まず書店へ行って、参考書と練習問題集が1つになった書籍を2冊買う。
1冊目は午前の問題、2冊目は午後の問題の本です。


ここで初心者が陥りがちなのは、参考書をカテゴリごとに1冊ずつ
購入してしまうことだ。


期間や時間が十分とれる場合は良いのだが、

仕事で連日連夜忙しいサラリーマンにとっては、
無駄な出費となる場合が多いと思う。

あまりの冊数の多さに、勉強する気が途中で失せてしまうからだ。

さらに、私が一工夫したのは、午前中の問題集の書籍については、
今回受験した”情報セキュリティ”だけでなく、その他の科目にも
通用する内容のものを購入したことだ。


これだと、次回、秋期受験時に他の科目を受験したい場合に、
再度書籍を購入する必要がなくなるからだ!


書籍での学習方法についてもいたって平凡で、最初に、前回及び過去の問題を
とりあえず解いてみて(当然チンプンカンプンだが)、
答え合わせをしながら、どの分野が特に弱いのかを確認する。


次に、午後の問題の書籍で、参考書を見ながら要点を抑えていく。


さらに、意味が良くわからない用語があったら、
(特に今回受験したものは、未知の用語が多かったのだが。)
Webの「e-Words」や「ウィキペディア」等で調べて意味を覚えておく。


説明文を一通り読み終えたら、章末の確認問題を実施して、
解答し、間違えた箇所は、解説をよく読んで要点を理解する。


さらに、午後の問題では、記述形式で文字数制限があるので、
常に文字数をチェックしながらノート等に記入する習慣をつけた。


次に、後半では、午前の問題集の書籍で、特に比重が高いと思われる分野の問題を解いて、
解答・解説を読みながら、理解していった。


とはいえ、・・・・・・・・・・


今回受験した「情報セキュリティ」は、開設されて2回目で傾向が殆ど開示されておらず、
出題範囲もかなり広く、覚えるのが大変だった・・・、というか、
十分覚え切れていたか自信がない。



しかも、今回購入した午後の問題の書籍でも、


「一回目で合格するのは、かなり難しい・・・」

「問題傾向が似ている”ネットワーク”の受験と合わせて2,3回をメドにしたほうが・・・」


などと平気で書かれている。


こんなことを書いてあったら、合格に対するモチベーションが薄れはしないか?
と思うのは私だけか?



しかしながら、受験日当日では、午後の問題に苦戦しながらも、
なんとか殆どの問題に回答することができ、悔いのない受験となった。


合否発表の6月下旬が、ある意味ドキドキだ。



以上で、情報処理試験の奮闘記を終わるが、
書籍の選び方・買い方等は参考になったのではないだろうか?


上級レベルの科目は難しいが、機会とやる気があれば、チャレンジした方がよいと思う。

万一、不合格でも、それなりのセキュイティの知識がつくのだから・・・・・。

UMTP UML Level-1 (3度目のUML受験)


スポンサードリンク


この資格は、確か2004年の7月ごろに受験したと思います。

なぜ、OMGとUMTPの2つの団体があるのか、違い等はよくわかりません。
UMTPについては、次のサイトをご覧下さい。

「UMTP/Japan」
http://www.umtp-japan.org/modules/home0/



今回受験したUML Level-1 については、
T1とT2の2科目あります。いや、私が受験したときは、そうでした。
(現在は、変更されているかもしれませんが。)

T1の受験については、以前に、現在の「OMG認定UML技術者資格試験プログラム」で、
ブロンズに合格していたので、試験免除となりました。

そこで、試験会場を主催しているピュアソンというところに申し込み、
某パソコンスクールで受験しました。


試験形式としては、30問選択式、制限時間80分で、
PCを使って受験しました。

難易度については、前回受験した「OMG UML ブロンズ」と同程度で、
結果は、合格で、殆ど全問正解だったのを覚えています。

P.S.
Level-2 については、現在未受験で、UMLそのものについては、
私が従事した業務上、一度も使用していないので、
今後も受験する予定は、ありません。

22nd ステップ - UML シルバー(OMG認定UML技術者資格試験プログラム)


スポンサードリンク


引き続き、ブロンズ試験に合格した数週間後に、シルバーを受験しました。


問題数や制限時間は忘れてしまいましたが、ブロンズと同様に、
全問選択式で、試験終了後にサイト上で結果が表示されたのを覚えています。


結果は、不合格でした。
自分なりには、そこそこ合格の自身があったのですが、
試験終了直後に、不合格が出力されたときには、
さすがに悔しかったのを覚えています。

モデリング言語 - UML ブロンズ(現在のOMG認定UML技術者資格試験プログラム)への初挑戦


スポンサードリンク


今回初めてUMLという開発・設計用の統一言語の試験を受験しました。
どういうものかについては、次のサイトのURLで説明されています。

「UML - e-words」
http://e-words.jp/w/UML.html

「UML - ウィキペディア」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%B1%E4%B8%80%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E8%A8%80%E8%AA%9E


現在では、「UTI のUML教育研究所」というところが主催しているようです。

URL:
http://www.umlcert.org/index.html

さらに、OCUPと、OCRESの2種類のプログラムがあるようです。
詳しい違い等は、上記URLのページをご覧下さい。


実は、私が受験した時は、OMG自体は、現在の団体とは主催が異なり、
受験料自体も無料で、しかも、ブロンズ、シルバーとも、試験がWebサイト上で実施されていました。

問題数や制限時間は忘れてしまいましたが、
全問選択式で、試験終了後にサイト上で結果が表示されたのを覚えています。


サイト上での資格受験は初めてでしたが、
カンニンウすることなく、合格点に達することができました。

この試験の合格で、UMLの基礎知識については、自信を持つことができました。

情報処理技術者試験(データベース)へのチャレンジ


スポンサードリンク


情報処理技術者試験の本科目については、「基本情報技術者」に合格して依頼、
3年後に受験しました。


実は、本科目以外にも、もう1科目受験したのですが、
本科目の方が、受験したときの印象が強かったので、
先に書きました。

本科目の試験概要については、次のサイトのとおりです。

URL:
http://www.jitec.jp/1_11seido/h13/db.html


当然ながら、「基本情報技術者」と比べて難易度が高いだけでなく、
試験時間も午後I、午後 Uの2つがある分、長く、かつ、
午後の問題は、記述形式なので、文字数制限や読解に気をつけながらの勉強でした。


学習用書籍については、午前問題の問題集と、午後問題の参考書という
2冊の組み合わせで購入し、勉強しました。


総学習時間は覚えていませんが、仕事が忙しい割には、まあまあ勉強できたと思います。


試験範囲の理解度は、それなりには深まったつもりではあったのですが、

いざ、本番の試験となると、
緊張したせいもあってか、午後Tの問題を解く時間が十分とれず、
4問中3問選択して解答するのですが、
たしか1問半分ぐらいしか解答できなかったのを覚えています。

時間を計測しながら、時間を意識しながらの勉強が十分できていなかったので、
問題を読んで考えるのに、かなりの時間をとられてしまい、
解答をまとめて整理し、制限次数内で記述することが十分できなかったのが原因でした。


午後Tの試験が終了した後、不合格を意識しました。
すぐに午後Uの受験を拒否して帰ろうかと思いましたが、
今後のデータベース・システムに関する知識・理解を深めるためにと、
最後まで受験しました。


午後Uの問題は、どの程度解答できたか、まったく覚えていません。


結果は不合格だったものの、午後Tの記述式での受験方法やコツについて、
大きな教訓となりました。

今後同様のテクニカル科目を受験する機会があったこきには、

全問解答できるよう、十分コツをつかんでおきたいと思いました。

Sun Java Programmer の受験


スポンサードリンク


この試験は、いまから5年くらい前に1回だけ受けました。

この資格は、確か、直接Sunからバウチャー・チケットを購入したのを覚えています。

ネットで受験申し込みの手続きをすると、
郵送でチケットを手に入れたと思います。
チケットの値段は、確か15000円だったと思います。

1回しか受験していないので、今では、どうなっているのか、わかりません。

サンのサイトで調べてみると、現在では、受験料が税込みで25200円もするそうです!


この試験も、教材(解説と問題がセットになったもの)1冊のみで、勉強しました。


私自身は、一応、Javaの基本的な文法程度は、知っているつもりでしたが、
Javaを使った開発業務経験はありません。


しかも、この試験では、普段滅多に使ったり意識しないような予約語や内容までも
出題され、さらに出題範囲も広いので、勉強が大変でした。

といいつつも、この当時は、仕事が忙しく、どのくらい勉強したのか覚えていません。

問題数は70問くらいで、試験時間は2時間から2時間半だったと思います。


この試験もPCによる全問選択形式だったのですが、
わからない問題が多く、結果は不合格でした。

今でも、PCのモニタに一瞬で”不合格”の文字が出てきた瞬間を覚えています。


この科目は、もう二度と受験することはないかもしれません。

XML Master ベーシック の受験


スポンサードリンク


この資格は、たしか、OracleMaster Silver を取得したのと同じ年に受験しました。

受験に要した経費は、参考書一冊(3200円)、受験料15000円、受験会場までの交通費(数百円)でした。

また、受験に要した学習時間は、大体2週間程度だったと思います。

実は、XML Master には、"ベーシック" と "プロフェッショナル"の2つがあるのですが、

"ベーシック"の方は、私が受験した当時は予想以上に難易度が低く、問題が40問で合格ラインが70%でした。

この試験も、PCによる全問選択形式でしたが、幸いにも一発で合格できました。


この後、調子に乗って、"プロフェッショナル"の書籍も購入しましたが、
学習の途中に、XML自体を業務で使用することがまったくないことに気づき、

現在では、受験申し込みを断念し、学習すらしていません・・・。(^^;)

ステップアップのつもりで受験した、旧Oracle Master Gold


スポンサードリンク


今回は、Oracle Master の2ステップ目の資格として、旧Goldを受験しました。

このとき受験したのが、2001年ごろなのですが、
現在(2007年春)では、「Silver」ぐらいになっていると思います。


受験当時、取得するのに必要な科目は2科目で、

「PL/SQL」と「DBAT」でした。

片方の、「PL/SQL」は、1回目の受験で合格できました。

確か問題数は20問くらいだったと思います。
全部選択形式です。


ここで、前回説明するのを忘れていたのですが、
私が当時受験したOracleの試験は、全てPCを使った選択形式でした。

しかも、試験終了直後に、正解数と合否を含めた結果が画面上に表示されるので、
試験終了直後は、いつも一瞬心臓に悪いという感じがしていました。


そして、もう一方の「DBAT」ですが、
こっちのほうは、問題数が55問くらいあり、
出題形式は、同じなのですが、
極端に出題範囲が広く、覚えることが山ほどありました。


この科目は、正念場だと思い、それなりに時間をじっくりかけて
勉強したつもりだったのですが、
結局一回目は不合格でした。

正直、十分理解しきれていなかったようです。
表面的な暗記だけでは合格できないことが、わかりました。


まだ説明していなかったのですが、
OracleMasterは、基本的に、1科目1回受験毎に、
15000円程度かかります。


なので、できる限り一発で合格しないと、受験料のコストが
バカにならないんです・・・。(^^;)

私が最初に受験したベンダー主催資格の受験


スポンサードリンク


私が始めて受験したベンダー資格といえば、「OarcleMaster」の「Silver」でした。


受験したのは、もう5年以上前になるが、情報処理技術者試験と比べると、
うそのように簡単に合格できた。


私が受験した、「OarcleMaster」の「Silver」は、
現在(2007年4月現在)でいうところの「Blonze(ブロンズ)」に相当し、
難易度が最も低いレベルでした。

たしか、出題科目と形式は、「SQL」と「Oracle入門」が、
各20問づつで、全て選択形式だったと思います。


当時、学習用に購入した書籍は、「SQL」と「Oracle入門」が一緒になった「Silver」用の
1冊だけでしたね。


それでも、確か2回目で両方合格したのを覚えています。
(2回?(^^;))

私が最初に受験したIT関係の資格について


スポンサードリンク


はじめまして。

私は、某IT関連の企業に勤めるヒラリーマンです。
ペンネームは、『万年3流ヒラリーマン』と申します。


今回は、私が最初に受験したIT試験で、
「基本情報処理技術者試験」の奮闘記について、お話します。


この試験は、最も受験者が多いことで有名で、
参考書や問題集も一番たくさん出ています。

この試験は、実は合格するまでに4回も受験したという苦い経験をしています。



どの部分で苦戦したかというと、やはり午後の読解の部分だったと思いますね。

なぜ、苦戦したのかは、もう5年以上も前の話なので、詳細はあまり覚えていません。


私がどうやって勉強したかというと・・・。

ここからが読者の皆さんが最も興味あるところだと思います。

が、実を言うと、何も特別なことはやってません。
誰もがやっていそうなシンプルな勉強法です。


まず書店へ行って、参考書と練習問題集が1つになった書籍を2冊買う。
1冊目は午前の問題、2冊目は午後の問題の本です。


ここで初心者が陥りがちなのは、参考書をカテゴリごとに1冊ずつ
購入してしまうことだ。


期間や時間が十分とれる場合は良いのだが、

仕事で連日連夜忙しいサラリーマンにとっては、
無駄な出費となる場合が多いと思う。

あまりの冊数の多さに、勉強する気が途中で失せてしまうからだ。



よく考えてみると、書籍数や受験者も多いので、
過去に受験して合格した方から、書籍を借用する方が、
一般的というか、出費の節約にはなると思いますね。



それにしても、情報処理技術者試験が難しいとはいえ、
全問選択形式で、難易度が一番下位レベルの試験に2年もかかるとは、
当時思っても見なかった。
やはり、生半可な勉強では通用しないことを痛感したのを思い出しました。
大好評の資格サイト!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
資格・スクールナビ

受験突破・資格取得もう怖くない!『100戦100勝!潜在能力を引き出す無敵の秘策』

『MASAKOメゾット』AutoCADメール添削講座(上級)SXF対応編PDFマニュアル・練習ファイル(スキルアップや資格取得を目指す方に

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
----- リンク集 (ありがとうございます) -----
映画「ミッドナイト・ラン」の英語-2/'資格試験' コンピュータ/経理実務の学校/アフィリエイト クレジットカード 新.../26日(土)/'IT' 資格/【業務2】情報処理試験対策/思わずグッとくる上司の一言/夏川結衣 堀北真希 岩盤浴 岩盤+アロ.../Yahoo!ブログ検索 - 「求人」の検索結.../[連携]日本ソフト販売など、IP-PBX.../★サイト更新★/不動産 マンション買ったら電車タダ/2007年 アメリカで注目の'IT'職種とスキ.../Google Adsense情報/初級シスアド - 資格の総合スクールLE.../情報処理技術者試験アンケートについ.../インターネット実務検定/パーソナルトレーナーになるためには.../ビューとシノニムって何だ!?/リクナビ 08関連情報 最新画像/Refresh/パソコン整備士2級の試験受けました〜.../生命保険の見直しニュース/LEC┃通信講座┃通信教育┃'資格試験'/<住友信託銀行>4期連続で過去最高.../LECオンライン 東京リーガルマインド/おまもり/[java]-バイナリバージョン/[TIPS/'IT'系]JavaFXの言語/[TIPS/'IT'系]JavaFXの言語/シスアド技術者能力認定試験とは?/'IT'関係+インターネットスキル+オン.../内部統制機能を強化したワークフロー.../早すぎる一歩/Microsoft Office Specialist を受け.../ビジネス 【全自動HP付インターネッ.../大阪・コースター事故:緊急点検、県.../資格の中で人気の資格/CASIO Ex-word (エクスワード) 電子辞.../トップページ 26日(土)/【業務2】情報処理試験対策/夏川結衣 堀北真希 岩盤浴 岩盤+アロ.../不動産 マンション買ったら電車タダ/2007年 アメリカで注目の'IT'職種とスキ.../Google Adsense情報/パーソナルトレーナーになるためには.../リクナビ 08関連情報 最新画像/パソコン整備士2級の試験受けました〜.../[java]-バイナリバージョン/[TIPS/'IT'系]JavaFXの言語/[TIPS/'IT'系]JavaFXの言語/Microsoft Office Specialist を受け... 試験終わった。/速'習'受験コーチング/教育 3/映画「ミッドナイト・ラン」の英語-2/試験/オカンと昨日と今日と時々コメント返.../絶好の昼寝日和!!!/革工芸始めました!/マックフライポテトSサイズ/しばらくブログ更新していなかった/アフィリエイト クレジットカード 新.../ほしのあきの毛について/[感想]第1回新人公演/[真希ちゃん]昨日の様子/ちょい/不動産 売買契約に行ってきました/衝撃を受けた言葉。/これが最初の記事/どんと晴れ/念願のダイヤブロック(^-^)/試験日/Op.5-26「いつ以来のテンペスト」/'資格試験'の勉強方法!/変わらぬ日々が進行中/'資格試験'合格体験記2/首位キープ(^0^)//26日(土)/今日は…/1063人のクライアントの収入を60日で4.../現役通訳・翻訳者が伝授する史上最強.../現役通訳・翻訳者が伝授する史上最強.../現役通訳・翻訳者が伝授する史上最強.../事故った/面倒臭くなってきた/'資格試験'に向けて/【業務2】情報処理試験対策/05/26 20070525 -山場-/夏川結衣 美容室 データ復旧 新着人気.../転職 グローリアスとランドスケイプが.../ヒキコモル/直居由美里 ストレイテナー インフォ.../余裕≠油断 自信=余裕/ぱんだちゃ〜ん。/人格崩壊/証券外務員/亀梨和也 倖田來未 マイクロダイエッ.../ビジネス マウンテンビューロッジ/ゲーム ETCカード 負担について/(*´Д`)=з/リビングスタイルパソコン!値下!【.../スイカ/「長」の付く仕事ってもっと偉い人が.../実現していく/拒食/[電チョモさん]週末だし/MCPDとったどー/雑記/2007-05-26/[雑感]スキルアップ―レベルとスペシ.../介護福祉士を目指して2007-05-26/現役通訳・翻訳者が伝授する史上最強.../国家'資格試験'科目としての民法/雑多に色々。/テスト最終日/☆恵みの雨☆/V2への“誓い”/明日の予定/孤独のカケラ/インターネット技術者認定'資格試験'っ.../ボタン938/電話。。。/早く寝なきゃ。。。/集計作業/ケアマネージャーとlec/日経 WOMAN (ウーマン) 2007年 06月号/英語業界は教えてくれない!本当は誰.../ケアマネージャーの就職/目標/あいにくの雨…/2007/05/25/仕事に資格勉強 合間にダイエット^^/成功する受験/成功する受験/小野薬品、米投資顧問の増配提案に反.../大阪へ行ってきます!/[株式投資]/英語が聞き取れない理由/アホらしい・・( ゜д゜)、ペッ/浪人内蔵助・・3/今日の俺は専務の運転手(笑)。/知的な美しさ/生命保険のいろは歌/[Book]BUY 2007/05/24/夏休みにしたい10の事/マンハッタン/1063人のクライアントの収入を60日で4.../始めました!/憂鬱+お楽しみ/愛ってなんだ?/終わった/自習室というところ/書籍発行のPRです/私の誕生日//連続でイラストを更新してないか?俺/正直ヤバい/自分へのお知らせ/[家族]/おなか痛い/[書籍]最強の勉強術 ― 重要なポイン.../はしかで休校になって早一週間……/グッタリ_| ̄|○/キレイに写る/パシフィステック/病気中\\\ 久々の授業/スポーシ/ララバイ・ララバイ/【社労士:労働関連情報】労働一般 >.../きつい・・・/技術士補'試験'対策 記憶力アップ!/家族同士なら24時間通話無料=ソフト.../●'資格'と仕事と転職/選択科目免除/コーチング中級認定講座/技能検定員審査/久々に緊張。/販売士3級/就活。'資格'。/本日はオフ会!/★祝★合格 第2段!!/【CAD 通信教育】CADを通信教育で習得/公認会計士と言う仕事/初級シスアドでキャリアアップ!一発.../会社を辞めて受験に専念!/「実力判定公開模試第4回の1」/体が重い!/☆★はじめまして★☆/FP技能士'試験'まであと14日間!/親族紹介。/ディズニー模倣を超えた!大胆すぎる.../基本情報処理技術者に合格していた。/サン認定'資格' 再受験無料キャンペーン/記憶の極意/憲法正誤問題(規制目的二分論)/誕生月/勉強します(-_-)/好み/実習って(介護福祉士編)・・・・/リトミック研修/ディズニー模倣を超えた!大胆すぎる.../ザオガオ!/3分の1しか解けない/道徳教育の内容の曖昧さ/母の日(^_^)v/ふう/ブログのネタ【1】/壁は厚く・・・/508“グダグタ“の話/Jパワーの08年3月期は減収予想、自己.../亡霊/まさかの!/職業/テストの受け方/間もなく/GW☆2007/兵役:「産業技能要員」制度悪用の実.../大学の授業、昨今/「替え玉受験募集」の張り紙/ベトナム外国人の住宅購入を'試験'実施/合格への扉/さすが中国・・・あきれた!/衛生管理者'試験'に合格するには 48/自分にゴメンナサイ!/JIS知らない、3分の1・全国の遊.../映画検定の模擬'試験'/仕事と'資格'/の〜ん/ブログ始めました。/☆母の日に聞くうた&料理&佐伯チズ.../はしご受診 神経内科編/'試験'/英語学習 13 (会話文)/申請取次研修/か、管理人さん・・!/ママ/ハード/通信教育/各マンションの形態や/[事件]麻疹の集団感染.上智大学/わかるけど...わからない/さらさーてぃー/13週目終盤/行政法の勉強法-1/[その他]氷柱さん、裕さん、ヒオリさ.../日本常識力検定 どう/高齢者虐待:区職員が介入、保護 弁護.../これも充実か?/土曜日は孤独です・・・/ルーキーイヤー/小倉/【中国】 体にペンキで縞模様を描かれ.../試作機搭乗!/正義の味方/早く/合格発表/'資格'に挑戦 簿記3級 25 あとひと月/夕食/東京戦第2 ラウンド前日/平成19年のインテリアコーディネー.../平和だなぁ/どうしよっかなあ/エキスポランド事故 車軸のかたち/音楽のある週末/恐るべし/マジ びっちりやったぜ・・・/夢手紙の書き忘れと'試験'始まり。/USCPA 無料説明会/記憶術であなたの脳を活性化!今のま.../お知らせ/私の勉強方法/合格おめでとうございます♪/酢豚と僕。/05/12 20070511 -低調-/宅建講座'資格'のプロが納得した学習教.../宅建講座'資格'のプロが納得した学習教.../U.S.エデュケーション・ネットワー.../[きょうの気になる]Lingua furanca. .../管理栄養士国家'試験'/管理栄養士国家'試験'/管理栄養士国家'試験'/ご挨拶。/House Hunting (1)/開始5日目、残り183日/シマウマ「僕はシマウマじゃないです.../オラクルプラチナ'試験'とデータベース.../編集者や書店員は、本当に「本が好き.../鋼の錬金術師 (2)/訓練校の適性検査/第1回 新入社員向け Java認定'資格'コン.../勉強づくしは嫌だ ★サイト更新★/美容、エステのおススメ!!/セキュリティホール情報<2007/05/15.../ヒメダカ飼育とファイナンシャルプラ.../自分の可能性を広げる!/合格証書到着/なんだそれ/JSP 53時間目!/JSP 53時間目!/JSP 53時間目!/JSP 53時間目!/JSP 53時間目!/スキル不足/CISA試験/みそす〜ぷぅ〜♪/「SEO TOOLS」に、News2u.netがWebマ.../19日(土)/キャリアアップを目指す方に朗報/人生のパワーアップを応援するeラーニ.../【源氏占い】やってみた。/『クローズアップ現代:ワーキング・.../入力診断テスト実施中『Work Connecti.../'資格'/静大発'IT'SC 50万円で新書出版 .../JSP 53時間目!/[メモ]桃子/気分も重いので/プロジェクトマネージャ/ビジネス ◆HP売上プラス ビジネスプ.../スピナーベイト&バズベイトカラー決.../「'IT'コーディネータ 'IT'経営の最新知識.../天職/[link]巡回/はしか(麻疹)の流行/転職者1800人、約8割が「転職してよか.../転職者1800人、約8割が「転職してよか.../転職者1800人、約8割が「転職してよか.../転職者1800人、約8割が「転職してよか.../今日は風が強い/転職者1800人、約8割が「転職してよか...

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。